イケアの前開き衣装ケースがハリネズミ用ケージに使えて便利な話

「憧れの別荘ですね!」

ハロー!ハリワールド!のずです!今日は、IKEAで見つけた前開き衣装ケースがなにやらハリネズミ用のケージに使えそうだったので買ってきて、んでもって実際に試してみた結果をまとめてみたという話です。

最近は無印良品にいっても、ダイソーにいっても、ニトリにいっても、「ハリネズミ用に使えそうな面白いアイテム無いかなー」なんて目線になってしまい、結果的に本来買おうと思っているものを忘れて泣きながら帰ることもある小生でございます。

今回は「ポエング」という椅子を買いにIKEAに行ったんですが、そのついでに例によってハリネズミ用に使えそうな何かを探して彷徨いていたところ、前開きで底面も広くて高さもある衣装ケースを見つけたので買ってきてケージとして使ってみた次第です。

それでは、以下でIKEAの前開き衣装ケースをハリネズミケージに使ってみて気付いたことを書いてみようと思います。ガラスケージやアクリルケージより見栄えは劣るものの、何より1600円程度と安くて適度に広さもあるこの衣装ケース、どんなもんなのかは続きでどうぞ!

 

【IKEAの前開き衣装ケースについて】

・見た目

写真のように、前開き形式の衣装ケースになっています。上面と側面は半透明になっているので、モザイクがかかったように中が見えない感じ。そして「前開き戸は透明になっているので正面からなら中が見えます。ちなみに、上蓋ははずせるようになっているので、ケージの掃除なんかはかなり楽ですね。

ちなみに、衣装ケースの商品情報はこれです。参考にどうぞ!イケアのホームページのリンクも貼っておきますので「コチラ」をどうぞ!

 

・大きさ

約67cm×42cm×31cm程度なのです。底面の広さが60×45あればハリネズミ用ケージとしてはそれなりに使えるサイズと巷では言うのでとりあえず底面の広さ的には実用に耐えそうです。

なお、衣装ケースの高さは30cmぐらいしかないので、背が高めのものをいれようとすると天板がしまらなくなっちゃいます。ちなみに残念ながらメタルサイレントについては32はもちろん、25もギリギリ入らなかったです・・・。

 

・重さ

重さは3kgとかなり軽いです。ガラスケージが10kgとか、アクリルケージが8kgとかの中で驚異の3kgとなれば、その取り回しやすさたるや追随を許さないですね。ちなみに、さっきこの衣装ケースを拭き掃除しましたけど、片手で持ち上げながら拭けるぐらい軽いです。

・値段

値段も破格の1699円でした。そしてその値段の割に、底にコロコロがついていて動かせるようになっていたり、蓋の開け閉めもギシギシ言わないし、結構作りもしっかりしています。他のホームセンターやニトリにもこういう前開き型の衣装ケースってありますけど、全然ひけをとらないクオリティですね。

 

【IKEAの前開き衣装ケースをハリネズミケージに使ってみて気付いた事】

・前開き戸だからハリネズミにアプローチしやすい!

パンテオンやハリネズミ用アクリル飼育ケージのように、手前からハリネズミにアプローチ出来る手前戸型です。ハリネズミって上からや後ろからアプローチしようとするとかなり警戒されます。なので、手前から我が子にアプローチ出来るのは互いに信頼関係を築いていく上でも超大事ですよね。

・前開き戸は透明で中が見える!

他のホームセンターやニトリで売っている前開きの衣装ケースはどれも手前が半透明なので中が見えないんです。あるいは見えたとしてもサイズが小さくてケージとしては使いづらいんですよね。

ところがですよ!イケアのこの衣装ケースはこのサイズ感で手前が透明になっているので、まさにハリネズミのケージとして機能しうるパフォーマンスを持っているのです。小生、見つけた時感動した次第です。

・軽いからケージの掃除が楽!

以前、ガラスケージのレビューや、アクリル飼育ケージのレビューでも書きましたけど、やっぱりケージは軽ければ軽いほど掃除等でとりまわしがしやすくて良いんですよね。

この衣装ケース、重さも3kg程度しかないので、例えば中にいれた床材をまるごとゴミ箱にいれるときもヒョイと持ち上げてバサッと捨てられるので大変良い感じ。他にも熱湯消毒したいときなんかも運ぶのが楽で良い感じ。

 

・値段が1600円と安くてお財布に優しい!

なんでもそうですけど、生き物を飼う時ははじめに初期投資が必要です。ハリネズミならケージとかエサ皿とか寝床とか暖房機器とかそういうのです。「ハリネズミ飼育に必要なものまとめ」でも書きましたけど、飼育品だけで3万ぐらいは最低かかるので、ケージが少しでも安いのはお財布には非常に有り難い話だと思います。

あとは、既にハリネズミを飼っている人が予備のケージを念のため1つ持っておきたい場合、この衣装ケースなら安くて、保温性も若干あって良いんじゃないかと思います。かくいう私も、この衣装ケースは予備ケージとして今後使おうかなと思ってます!

 

・衣装ケースだから加工がしやすい!

上の写真はまた別の衣装ケースを加工した時の写真ですが、このように、熱したドライバーを押し当ててケージに穴をあけたり、カッターで切ったり出来るのが良い感じです。

「もうちょっと風通しが良いほうがいいなー」なんて希望があれば、両側面に穴を開ければいいし、「暖突つけたいからネジ穴を開けたい!」とか「電源ケーブル通すようの穴を開けたい!」なんて時も加工可能なのは他にはない強みですよね。うんうん。

 

・メタルサイレントが入らない・・・

残念なのが、メタルサイレントが32はもちろん、25のものも高さが足らず入らないという点です。最初みつけたときはこの衣装ケースは高さが32cmあるって書いてあったので「メタルサイレント25なら入るかも!」なんて思ってましたけど、やっぱりダメでした。

でもまあ、先程上で「衣装ケースは加工しやすくて良い!」と書きましたが、メタルサイレントの部分だけ天板に穴をあけたりすればなんとかなりそうな気がしてます。あとはいっそ前開き戸部分だけ残して天板を全部切っちゃうなんてのも方法としては全然アリじゃないかなーなんて思います。

 

・戸が開かないように工夫が必要・・・

衣装ケースの手前が少し上がっているので柵みたいになっていますが、ハリネズミだと乗り越えられる気がします。という事で、ケージとして使う時は、前開き戸を閉めるための加工が何か必要になります。

一番簡単な方法だと、大きめのクリップで挟んで蓋が開かないように固定する方法ですかね。あるいは、少しお洒落に加工するなら上の写真のように、ケージに穴をあけてフォトフレーム用脚をつかって扉に鍵をつける感じもアリだと思いますよ!

 


「ぬおおおおおおお!挟まったおおお!」 

以上、イケアの前開き戸衣装ケースを使用したハリネズミケージの使用感についてでした。個人的には「安い」「ネットストアで手に入る」「不満な所も加工でなんとかなる」という三拍子揃っていて結構お気に入り。

見た目もそれほど「ザ・衣装ケース」って感じじゃないので、ケージとして使ってもあまり違和感がないのは、イケアのもつスウェーデンの美学が詰め込まれているからですかね!すごいぜイケア!やるじゃんイケア!

ハリネズミケージをどれにしようか悩んでいる人はイケアの前開き衣装ケースも選択肢にいれて見るのもアリだと思います。衣装ケースならハリネズミ飼育にかかる初期投資が安くすむので、他の飼育品にお金をかけられたり、連れて帰るハリネズミちゃんをペットショップでなくブリーダーさんから買ったりするため資金に回したり、やりくりの選択肢が増えると思いますよ!

※ハリネズミ飼育ケージのレビューを参考に以下でリンク貼っときます
【関連記事】【使用感】ハリネズミ用ガラスケージにパンテオンを使ってみた
【関連記事】【本気レビュー】ハリネズミ用アクリル飼育ケージの使用感
【関連記事】【レビュー】飼育ケージにプラスチックケースを使った感想
【関連記事】衣装ケースを利用したケージの地位向上実行委員会

以上!そんなかんじでした!おしまい!
(あ、そういえば、気づけばLINE@のユーザ登録数がだいぶ増えてました!ありがとうございます!何か質問とかレビュー要望とかあればLINE@でも受け付けてますのでどうぞよろしくね!)

小動物用キャリーバッグの使用感と、購入前に確認すべき事5つ

「ここもフカフカでイカす!」

ハロー!ハリワールド!のずです!今回はハリネズミ用、もとい小動物用のキャリーバッグを実際に使ってみて良かった所とか、微妙だった所とか書いてみようと思います。あとはこの経験を踏まえて「今後キャリーバッグを買おうと思っている人はここ気をつけて買ったほうがいいかもよ!」的な所までちょっと踏み込んで書いてみようと思います。

ハリネズミを飼っている人、もとい小動物を飼っている人は大体みなさん外出用のキャリーバッグをもってるんじゃないかと思います。その用途は恐らく「病院に行く時用」とか「帰省や旅行時の外出用」ってところでしょうか。(もしかしたら中には寝床兼外出用みたいな使い方してる人もいるんですかね?)

で、小生も今回ハリネズミを連れて嫁の実家に帰省するにあたり、改めて小動物用のキャリーバッグを(あまり色々下調べをせずに若干適当に)新調したんですが、まあ実際に使ってみると「ここええやん!」みたいな所とか「ここびみょ…」みたいな所が見えてきたんですよね。

色々Googleでも検索してみたんですが、キャリーバッグについて細かくレビューしてる記事も何やらそう多くないようなので、ここいらで一発キャリーバッグについての使い心地とか、リアルな使い勝手をインターネットの海に放流してみようかなと思う次第です。それでは続きで色々書いていきますので、どうぞ読んでいってくださいねー

続きを読む

ハリネズミを連れて帰省・外出する時に必要だったモノ一覧

「実家に帰らせていただきますからっ」

ハロー!ハリワールド!のずです。年末年始はハリネズミを連れて妻の実家に帰っていました。ということで、ハリネズミを1週間近く仮飼育するために事前に妻の実家へ飼育品を送ったり、あるいは手持ちで持っていったりしたので「その時に使った飼育品などを忘れる前に情報として残しておこう!」という事で記事を書いている次第です。

ペットを飼い始めるまではあんまり意識してなかったんですが、実は年末年始に限らず、お盆の帰省とか、ゴールデンウィークの国内外旅行とか、家を長期で空ける機会って結構あるんですよね。んでもって長期で1週間とかになるとペットホテル代だけでも1万とか2万とかしちゃうので「ハリネズミと一緒に帰省する」という選択は人によっては充分あり得る話だと思うので、そういう人の参考になればなーとも思ってます。

それでは以下でハリネズミを連れて帰省・外出する時に必要だったもの一覧を「事前に宅急便で送っておいた飼育品」と「手荷物として持参した飼育品」に分けて書いてみます。「自宅程の充実した住環境ではないけど、ハリネズミにとってストレスのない最低限度の飼育品一覧」だと思って読んでもらえればと思います!ではでは続きをどうぞ!

続きを読む